So-net無料ブログ作成
検索選択

W杯デンマーク戦仙台地区は高視聴率 [日本代表]

6月25日未明に宮城県では宮城テレビで放送されました、
2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ グループEの
デンマーク対日本戦の生中継は早朝では例の無い好視聴率でした。
各地区のビデオリサーチ調べの数字は朝日新聞のホームページに掲載されました。
デンマーク戦視聴率、関東30.5% 関西27.4%
午前3時の放送開始から後半途中の午前5時までの視聴率は
関東地区30.5%、関西地区27.4%、名古屋地区26.2%
北部九州地区26.9%、札幌地区は30.6%
瞬間最高視聴率は
関東地区は後半25分の午前4時58分で41.3%
関西と名古屋はともに午前4時59分でそれぞれ35.9%と39.8%
北部九州は午前4時58分などの6回に38.7%
札幌は午前4時59分などの3回に46.7%

デンマーク戦、午前5時以降の視聴率は40.9%
午前5時から番組終了の午前5時40分までの視聴率は、
関東地区40.9%、関西地区35.9%、名古屋地区38.1%、
北部九州地区35.6%、札幌地区44.9%
瞬間最高視聴率は、
関東地区は試合終了のホイッスルが鳴った午前5時20分と同19分の46.2%
関西地区が終了直後の41.6% (時事通信)
名古屋地区は試合終了間際で44.4% (毎日新聞)

仙台地区の午前3時の放送開始から後半途中の午前5時までの視聴率は、
宮城テレビのOH!バンデスで32.8%
同じく瞬間最高視聴率は47.0%
午前5時以降の瞬間最高視聴率はTBCラジオで53.8%
残念ながら平均視聴率は聞き損ねました。

以前から仙台地区のサッカー日本代表戦のテレビ視聴率は、
関東地区より高いことが多かったのですが、
ワールドカップでも判明した範囲では一番高い数字が出ています。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。