So-net無料ブログ作成
検索選択

オランダに惜敗 [日本代表]

こんなに世の中がワールドカップで盛り上がるとは想像できませんでした。
昨日は試合時間も良かったこともあり日本中が大盛り上がりとなりました。
試合は残念ながら大物食いとはならずオランダの地力を見せつけられました。
デンマークがカメルーンに2対1で勝利したため、
0対1というスコアが大きな意味を持ってきました。
得失点差で第3節デンマーク戦は引き分け以上でOKとなり、
それに合わせたゲームプランが立てられます。
ただこのアドバンテージは悪く働くと気持ちの緩みになりかねないことは、
これまで嫌というほど味わってきました。
今の日本代表にはそんなことは杞憂でしょうが。

テレビ観戦テレビ朝日系列、NHK BS1、スカパー!、
ラジオ放送もNHKラジオ第1放送とDateFMでも中継されました。
テレビは3局とも同じ国際映像とばかりと思っていましたが、
メイン映像は当然同じでしたがサブの映像切り替えは、
東日本放送とNHKではかなり違って独自色を出していました。
最後のインタビューは3局とも別々でした。
東日本放送のアナログ放送とNHK BS1の間に、
BSは放送衛星までの往復で0.7秒は遅れるはずなのですが、
なぜかタイムラグがほとんどありませんでした。

グループリーグの第1節と第2節のそれぞれ2試合は、
試合開始時間に差があるため後にキックオフするチームの方が、
前にの試合結果を知った後にゲームプランを立てられるので有利と言われています。
今回もカメルーン対デンマーク戦の結果を知った後なら、
違う試合展開になったかもしれません。
そのため第3節は同時キックオフとなりますが、
グループEは既にオランダの勝ち抜けとカメルーンの敗退が決まったため、
デンマーク対日本はオランダ対カメルーンの試合経過を気にせずに進められます。
他に第2節が早い時間の方が試合間隔が少しでも空くので、
有利不利ずあるかもしれません。

またなぜかグールプEとグループFだけ第3節の試合開始時間が逆転しています。
グループFの1位と2位が決まってからグループEの試合が行われます。
オランダが1位抜けか2位抜けかを選択する試合運びをすることができますが、
意図的にそれをしなければデンマーク対日本は2位決定戦となることが濃厚です。
グループFの第1節の2試合とも1対1の引き分けですので、
今日のこれから行われる2試合がベスト16に進むチームを、
決める熾烈な戦いとなりそうです。
もし日本が勝ち抜ける場合はほとんど2位抜けでしょうから、
グループF1位がイタリアなら日本時間29日(火)午後11時試合開始となります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。