So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ユアスタの芝生の状態は? [ベガルタ仙台]

昨年の酷暑でユアテックスタジアム仙台の芝生も大きなダメージを受け、
酷使も相まってシーズン最後までコンディションは回復しませんでした。
明後日の開幕戦に向けて芝生の状態が心配されます。
今日ユアスタでの非公開練習が、
夕方のテレビ番組で取り上げられることを期待したのですが、
ホーム開幕戦前なので敢えて放送しなかったのかもしれません。
ミヤギテレビのOH!バンデスのスポーツコーナーで、
大型ビジョンの紹介の中でピッチが映ってた範囲では、
心配された程は悪くなくシーズン初めとしてはまずまずの状態のようでした。
今年の冬は例年より雪が少なかったのが幸いしたのかもしれません。
サッカー場の芝生も当初よりは早く使用できそうな報道もありました。
早く春の気候になり生育が進んでくれればと期待しています。
nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

三陸沖の地震 [ベガルタ仙台]

今日の午前11時45分に発生した三陸沖の地震は大きな被害なく終わりました。
午後から練習を見学にでもと考えていたのですが取りやめました。
2008年6月14日の岩手宮城内陸地震の日もダイナヒルズでの練習でした。
見学に向かう途中で地震に遭い引き返したのを覚えています。
2003年7月26日の宮城県北部地震は埼玉スタジアムでの浦和レッズ戦の日でした。
幸いなことに過去Jリーグの試合開催時に大きな地震に遭遇したことはありません。
地震の影響で開催が延期されたこともありません。
近い将来起こることが予想されている宮城県沖地震も被害が最小限になりますよう、
今から準備を怠りなく進めなければと改めて考えています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホーム開幕戦のもう一つの楽しみ [ベガルタ仙台]

今週末に迫ったベガルタ仙台のホーム開幕戦で、
ユアテックスタジアム仙台の大型ビジョンの更新が完成しお披露目されます。
今朝の河北新報朝刊に記事が掲載されています。
鮮明エコ新大型ビジョン利用団体が操作研修 ユアスタ仙台
また夕方の仙台放送スーパーニュースの中でも紹介されました。
ユアスタ仙台の大型ビジョンが更新 (明日午前までは映像で見られます)
新しい映像装置は東芝社会システム社の製品のようです。
こちらに東芝大型映像表示システムの紹介があります。
先週ミヤギテレビのOH!バンデスでも紹介されました、
ゴール裏広告用の電子ビジョンも本格導入されます。
試合以外にも新しいもの好きには別な楽しみが待っています。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ベガルタ仙台開幕戦成績 [ベガルタ仙台]

ベガルタ仙台の開幕戦はサンフレッチェ広島とスコアレスドローでした。
過去の開幕戦の成績をブランメル仙台時代からまとめてあります。

開幕戦.png

17戦9勝1分7敗 21得点25失点です。
アウェイでは、
10戦5勝1分4敗 13得点14失点です。
これまでのJ1の開幕戦は3連勝でしたが初めての引き分けです。
しかしまだ4戦連続無失点記録は続いています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第1節終了 [ベガルタ仙台]

本日開催の2試合でJ1第1節 第2日が終了しました。
開幕戦は対戦相手のスカウティングも十分ではないので、
難しい試合となることが多く思わぬ大差の試合となることもありますが、
今季は最多でも3得点でした。
次節からは最低でも開幕戦の戦い方の情報が入りますので、
開幕戦からいろいろ修正もできますし厳しい戦いとなることでしょう。
第1節は引き分けの試合が3試合あったため、
勝利で勝点3が6チーム、引き分けで勝点1が6チーム、敗戦で勝点0が6チームと、
キレイに3グループに分かれました。
そのためスコアレスドローのベガルタ仙台は11位タイとなりました。
3得点が4チーム、2得点が2チーム、1得点が5チーム、
まだ無得点が7チームです。
今週末開催の第2節でモンテディオ山形以外の残り8チームがホーム開幕となります。
ベガルタ仙台は昨季チャンピオン名古屋グランパスとの対戦で、
入場券の売れ行きも上々のようで大いに盛り上がりそうです。
今日ぐらいの気温になれば良いのですが、
週間天気予報では平年気温の8.2℃を少し下回る7℃となっています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

開幕戦はスコアレスドロー [ベガルタ仙台]

ベガルタ仙台の2011Jリーグ ディビジョン1開幕戦は、
広島ビッグアーチでのサンフレッチェ広島戦です。
2008J2と2010J1と同じ監督での対戦は、
いずれもロースコアゲームでしたので、
点の取り合いは予想しづらかったのですが、
その通りスコアレスドローとなりました。
これで3試合ともビッグアーチの試合は90分間は無得点で、
今日はアディショナルタイムでの得点もありませんでした。
シーズン最後のアウェイ戦も同じスタジアムでのサンフレッチェ広島戦でしたが、
前回の圧倒的にボールを支配されたゲーム展開と大きく異なりました。
昨季開幕戦は勝利しましたが何とか守り切った試合でした。
それと異なり安心して見ていられる試合運びで、
さらに新加入選手との連係が高まれば今後に十分期待を持てる開幕戦となりました。
2001年開幕の水戸ホーリーホック戦はマルコス選手のVゴールでしたので、
その後9シーズンは6勝3敗と90分以内で決着がついていましたので、
開幕戦での引き分けは初めてです。
難敵が続きますのでアウェイでの勝点1は今後の試合に繋げたいところです。

試合後広島空港までの所要時間は広島から仙台までの飛行時間の倍もかかり、
危なく乗り遅れる所でしたが無事帰宅しました。

2011_0305V1023.JPG

2011_0305V1045.JPG

2011_0305V1071.JPG

2011_0305V1088.JPG


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

明日の開幕戦はアウェイ サンフレッチェ広島戦 [ベガルタ仙台]

いよいよ2011Jリーグ ディビジョン1が明日開幕します。
ベガルタ仙台の開幕戦は広島ビッグアーチで午後2時試合開始のサンフレッチェ広島戦です。
サンフレッチェ広島との対戦成績は、
天皇杯、ナビスコカップ、J1、J2すべて合わせて、
13戦3勝3分7敗 12得点20失点です。

広島.png

J1での対戦は4戦2勝1分1杯 7得点5失点です。
広島ホームでの対戦はJ1、J2、ナビスコカップ、天皇杯含めて、
6戦2勝4敗 4得点9失点です。
広島ビッグアーチでの対戦は過去2試合ありますが、
いずれも後半アディショナルタイムでの決勝点で勝敗が決しています。。
ペトロピッチ監督指揮でのサンフレッチェ広島との対戦は、
2008年以降5試合いずれもロースコアゲームで、
両チームとも一度も2得点目を挙げられませんでした。
前日練習を見学できないのは久しぶりですが、
昨日の紅白戦のメンバーは新聞報道に掲載されていますので、
大きくは変更がなさそうです。
今年に入ってから練習見学は一度しかできませんでしたので、
どんなチームに仕上がっているか本当に楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Jリーグ総合平均順位 [ベガルタ仙台]

いよいよ明後日にJ1とJ2のリーグ戦の開幕が迫ってきました。
長かったベガルタ仙台キャンプも明日で打ち上げです。
心配された新燃岳の降灰の影響もほとんど無かったようです。
開幕前にJリーグの18年間の総合平均順位を作成しました。
J2の順位はそのシーズンのJ1のチーム数を加えた総合順位として、
その平均値で並べ替えて表にしたものです。
緑がJ2リーグです。

J総合順位.png

J1リーグで一桁順位を達成した19チームです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1歴代年間順位 [ベガルタ仙台]

いよいよ今週末から2011J1、2011J2が開幕しまい。
そこでJリーグ ディビジョン1の過去の年間順位をまとめました。
Jリーグの18シーズンを3期間に分けて平均年間順位も計算しています。
偶然かもしれませんがそれぞれ6シーズンずつで分かれました。

J順位.png

J1-16順位.png

J1-18順位.png


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

昨季のボール保持率 [ベガルタ仙台]

今季のベガルタ仙台は昨季よりボールを繋ぐサッカーができそうなチーム編成となりました。
そこで昨季がどうだったか振り返ってみます。
日刊スポーツホームページのJ1スコア速報にはKEEP%が掲載されています。
Jリーグの公式記録にはありませんので日刊スポーツの独自集計らしいのですが、
詳しいことは掲載されていません。
そのためどれぐらい精度があるのか不明ですが、
他に適当なデータがありませんので引用させていただきます。
ベガルタ仙台のボール保持率が高い試合から並べ替えてみました。

10保持率.png

34試合のボール保持率の平均は46%です。
50%を越えた試合は10試合で3勝1分6敗でした。
ボール保持率が高ければ勝率が高いわけではありませんでした。
40%未満の6試合でも2勝1分3敗でした。
ボール保持率が高かった試合のトップ2が京都サンガF.C.戦ですし、
ヴィッセル神戸2試合とも50%を越えましたが2敗しています。
40%~43%の間の8試合は2勝6分と負け無しです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。